こんにちは。

ソフィアプロモーションです。

今回は私の趣味であるジョギングについてお話したいと思います。

意外とよく耳にするのが、

「ジョギングをしているのに体重はピクリとも動かない」

実は私も痩せたくて各種運動を試し、ジョギングにたどり着いてます。
思ったことを、3点ほどお伝えします。

①走る量を増やすか、アップダウンをつけたコースを走ってみましょう。

②ジョギングと並行して筋トレを。体重が身長マイナス100をラクに下回っている、しかし体脂肪率が低くならないという場合は、やはり筋肉が少ないのだと思われます。ある程度筋肉をつけたほうが、ケガも防げます。

③走る前と、走った後の栄養補給に工夫を。何も食べないで走ると、かえって筋肉が落ちてしまいます。炭水化物を補給してエネルギー源とすべきです。逆に、走った後は空腹感が強くなりますので、ドカ食いしがち。そこであえて少し量を抑え、しかも筋肉のダメージ部分の回復を狙ったタンパク質補給を心がけてください。

0917jogging-young-woman-thumbnail


ランニングでダイエットを成功させるための、最適なごはんのタイミング教えます!

ランニング時は、まず糖質がエネルギーとして使用されます。

通常はランニングの1〜2時間ほど前におにぎりやパンなど糖質が多いものを食べてから走るのが良いとされています。

脂肪が燃焼するのは体内の糖質が減ってからで、(←ここが大切なポイント)

ランニングの前に糖質の多い食事をしてしまうと、その食事で摂った糖質がエネルギーとして消費され、体内に蓄積されている脂肪までたどり着きません。

とはいえ、空腹状態でランニングをすると体も動きづらく、辛いと感じてしまいます。最悪の場合、低血糖を起こし体調不良になってしまうことも。ダイエット目的のランニングの前はバナナなどの軽食やエネルギーゼリーなど糖質が少なめの軽食を摂ってくださいね!

上手な食事方法を摂りいれることでジョギングのダイエット効果は高まります。

ジョギングに限らず、スポーツと食は切っても切り離せない関係です。特に何か継続して運動に取り組む場合は「食」もセットにして考えるようにしましょう!また今後もこちらのブログでは「食&スポーツ」の情報を提供して参ります。

是非参考にしてくださいね!