こんにちは。
ソフィアプロモーションの大牧(おおまき)です。


11月15日は「七五三(しちごさん)」です。

images-1



七五三とは男児は3歳と5歳女児は3歳と7歳の年の11月15日に、
子どもの成長を祝って、神社や寺に詣でる、日本の伝統行事の一つです。

11月15日に盛大にお祝いするようになったのは、江戸時代に将軍の徳川綱吉が
息子の健康を盛大に祈願したことから広まったという説もあります。

当時は乳幼児の死亡率が高く、生まれて3~4年経ってから戸籍に登録をしていた程だそうです。
そのため、今まで無事に成長したことへの感謝と将来と長寿を願う意味が込められています。


そして七五三といえば…誰もが大好き『千歳飴』!!


images




小さい頃、甘い千歳飴を舐めて先を尖らせて痛い思いしましたよね
そんな千歳飴にもちゃんと意味や定義もあるんですよ!

千歳飴は、精製した白砂糖を練り固めて作った太白飴(たいはくあめ)を細長くし、
紅白それぞれの色で染めてあります。

名前にもなっている「千歳」という言葉は「千年」を表しているため、
「長い」「長生き」「めでたい」等の良い言葉とされていました。

当時砂糖は高級食材であり飴はめったに食べられるものではなかったため、
「美味しい物を食べさせてあげたい」といった想いもあったのではないのでしょうか。

そして形は、直径1.5cm長さ1m以内と決まっています。

細長い形で1本丸ごとは食べにくい千歳飴ですが、
「長さに意味があるので食べる時に折ってはいけない」という説もあります。

しかし、明確に決まっているわけではなく、
むしろ縁起物なので食べやすく切って近所におすそ分けすることも多かったようです。
子供の時は意地でも長いまま完食してやろうと頑張ってましたね


pixta_43863420_M-650x479



飴の中で、最も長い歴史をもつと言われる千歳飴。
時代は目まぐるしく変化していますが、千歳飴は、昔のままの形で、
現在も「七五三」の子どもたちが手にしています

今週末は近所で、可愛いお着物や袴をはいた子供達を多く見かけるかもしれませんせんね。その時は…

『おめでとう!あまり飴ちゃん尖らせないように!』と言ってあげてください

食と歴史と文化。

食べる事、食べる物には必ず意味があります。
我々ソフィアプロモーションはこれからも様々な”食情報”を発信していきます。