こんにちは。
ソフィアプロモーションの大牧です。


11月に入り朝晩に『寒さ』を実感する日が増えましたね!

それもそのはず...2020年11月7日(土)は『立冬 (りっとう) 』です!

立冬には「はじめて冬の気配が現れてくる日」という意味があります⛄️
秋も終わりに近づき、朝晩の気温がグッと低くなり、
一日の寒暖差が最も激しくなる時期でもあります。


large


そして今年は2020年11月4日(水)に東京で『木枯らし一号』が吹いたと発表がありました。
実に3年ぶりの発表でした🍃

『コガラシ?』『KO・GA・RA・SHI ?』『こがらし?』??

『木枯らし一号』とは一体何者なのだろう!

木枯らしの条件...

❄︎ 期間:10月半ばから11月末の間。
❄︎ 気圧配置が西高東低の冬型となり、季節風が吹くこと。
❄︎ 東京における風向きが西北西〜北であること。
❄︎ 東京における最大風速が、おおむね風力5(風速8メートル以上)。

とのことです。

普段耳にしている言葉でも改めて意味を知ると、ちょっと得した気分ですね!
そして...ドラマ『木枯らし紋次郎』や、名曲『木枯らしに抱かれて』を
改めて視聴してみるとまた新しい発見があるかもしれませんよ(笑)

images-1




冬情報ついでに『匂い(におい)』について豆情報をもうひとつ!

みなさんは「冬の匂い」を感じたことがありますか?

鍋の匂い?シチューの匂い?おでんの匂い?
落ち葉の匂い?暖房の匂い?コートの匂い?

人それぞれ持ってる匂いの記憶は違うと思います。
冬の匂いの記憶...実の正体は...「鼻で感じだ寒さの記憶」なんです!

冬になると訪れる変化(気温の変化)を鼻で感じ取ります。
「嗅覚で感じ取った寒さという感覚」が、「脳で冬の記憶」として残されており、
冬を迎えると再びその記憶が呼び起こされ、その記憶が呼び起こされた時に、
人は「冬の匂い」として感じるそうです。

でも確かに街には美味しい匂いも増えますよね!
食べ物も美味しくなる季節です!美味しい冬を楽しみましょう!


最後に食を通じて健康情報を発信する、ソフィアプロモーションから、
この時期旬の美味しい食材情報をお送ります!

【立冬の旬食材】人参(にんじん)

「キャロット」が名前の語源となっているくらい、「カロテン」が豊富に含まれています。
ニンジンに含まれる「β-カロテン」は免疫力を高める効果や抗酸化作用があり、
がんや生活習慣病予防に良いといわれています。

その他にも体内で「ビタミンA」に変換され、髪の健康維持や、視力維持、
粘膜や皮膚の健康維持などにも効果もあるようです。

「βカロテン」は皮の下に多く含まれているため、皮をできるだけ薄くむくか、
よく洗って皮ごと調理するのがオススメです。

またニンジンの「カロテン」は油との相性が良いので、揚げ物や油炒め、
バターソテーなどで共に摂取することでカラダへの吸収率が高まります。

ニンジンを選ぶ際のポイント!

★全体がなめらかなオレンジ色で皮に張りのあるもの。
★葉の切り口の軸が小さいもの(果肉がやわらかい傾向にあります)


image-110


美味しい『食』と 楽しい『事』で体の中から健康に!
寒さに負けず、インフルエンザ予防・感染症予防に努めましょう!!