こんにちは!食めぐ編集部の石垣です。

先日、農林水産省関東農政局の鶴岡様と一緒に茨城県結城市にある宮田農園様にお伺いさせていただきました。


前回編集長が書いた、とうもろこし”夏祭り”の記事はお読みいただきましたか?


平均糖度18度の甘いとうもろこし!


糖度18度といえば、メロン・シャインマスカット・桃と同じくらいか、それ以上の甘さになります。

日本有数の日照時間があり、どの方角からも太陽光があたる平野が広がる結城市。
そこに宮田さんのたゆまぬ努力と高い技術が合わさった最高のとうもろこしです!


今回はこの”夏祭り”をさらに多くの方に知っていただくために意見交換会をおこないました。



すでに、宮田さんの知人の『丸太園 あぐりママ工房』では、 宮田さんのとうもろこしとトマトを原料としたジャムを製造して、 丸太園店舗と『道の駅まくらがの里こが』で販売しています。

当日は、夏祭りに興味を持っていただくきっかけとして、宮田さんの奥様がたくさんの試作品を作っていただきました。



こちらは、夏祭りに何も加えずジュースにした原料を使って作ったスイーツです。


ジュースに豆乳と生クリームを加えて作ったプリン。
ジュースにゼラチンを加えたゼリーなど。


どちらも砂糖が一切入っていないのに、ちょうど良い甘さで何個でも食べたくなる味わい!


そして、最後に原料になるジュースを飲んだところ、



「あっまーーーーーい!」

びっくりの甘さで、奥様にお伺いしたところ、糖度20度の夏祭りで作ったとのこと、

夏祭りはコーン特有の臭みがほとんどないので、コーンスープの甘い感じでは一切なく、純粋にとうもろこしの甘さのみを感じる味わいでした。


例えると、100人の方が飲んで全員が加糖入りのジュースだと思う甘さです。


今回の試作品は、イベント等で夏祭りに興味を持ってもらうために試飲・試食品として用意することはできるそう。 現在、販売に向けて検討しており、今後の販売が期待されます。


最後に宮田さん夫妻に農園を案内いただきました。


トウモロコシは収穫してしまうと、糖度が時間に比例して糖度が落ちてしまいます。



JA北つくば 結城市園芸部会
トウモロコシ部 部会長 宮田理也さん


そこで、一番贅沢な食べ方を教えていただきました。


収穫してその場で生で食べる!



もう美味しさにびっくりしました!

夏祭りは、粒が柔らかく粒離れも良く、あっという間に1本食べれちゃいます。


1本食べた感想は、ケーキを食べた後の満足感。甘さでお腹いっぱい!

食めぐ編集部でも、夏祭りを使ったスイーツレシピを一緒に考えていきたいです!


また食めぐメンバーの皆さんにも夏祭りを味わっていただく機会を作っていきたいと思います。



今回は貴重な体験をさせていただき関係者の皆様本当にありがとうございました!これからも全国の美味しさプラスを食めぐから発信して参ります! 



★食めぐ


NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を
投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです

“食めぐ”メンバー大募集!楽しい特典満載!