こんにちは!
食めぐ編集部 編集長の松林祐輝です。

食の新しいWEBメディア
”食めぐ”
サイトオープンから約1ヶ月が経ちました。

0705image-464

たくさんの方に食めぐメンバーとして登録いただき、個々の感じる
「美味しさプラス」の活動を発信していただいております。

「本当にありがとうございます!」

食めぐメンバーの皆さんから実際にいただいている声として

「これまでこういった活動を誰かに伝えられる場所がなかったので嬉しい」

「自分の記事を読んでいただいて、感想コメントが届くので、すごくやりがいになる」

「食に携わる様々な方の活動が見れて勉強になる、楽しい」

こういったお声は、食めぐ編集部としても嬉しい限りです。編集部としても、毎日様々な方にメンバー登録いただき、これまで知らなかった「食」の活動を知ることで刺激を受けています。


今回は一部の食めぐメンバーの方の活動をご案内させていただきます。

0823image-587
食めぐメンバー 小竹一臣さん

小竹さんは食育ソングの制作を通じて食育推進すべく活動されています!

きっかけは、地元の小中学校の学校運営協議会委員を務めている時、「明らかに朝ごはんを食べていない」様子で午前中授業で寝ている学生を度々目の当たりにしたことでした。

そこで、お米の消費促進の「お米マンOKOME-MAN」や「僕らは小松菜ホウレン草」「朝ごはん食べよう♫」という楽曲を制作し、食育の主人公とも言える少年少女合唱団を登用。食育の大切さを軽快な歌とダンスで伝えるために昨年2月から官公庁のイベント等で年間10件程度公演しております。おかげさまで、共感の輪がじわじわと広がっております。今後も食育イベント協働を通じてこの輪に加わって頂ける企業、団体様との連携を求めております。

08232bdb614ebb915bef-329x500
こちらは横浜赤レンガ倉庫広場公演(大海賊祭)の模様です。大手イベント会社様からのお声掛かりで音楽公演と被災地復興支援米の販売協力も実現いたしました。

小竹一臣さんの詳しい記事・プロフィール


最近は料理研究家の方のメンバー登録も増えてきました。


0823v_030
食めぐメンバー ふくだみずほさん

ふくだみずほさんは、2011年よりABCクッキングスタジオの料理講師として5年間働いていました。通常のレッスンに加えて、最大16名のモニターレッスン、料理デモ講演、ネット配信、テレビ出演など様々な経験も!

もともとお料理に興味を持ったきっかけは、米軍のホームキーパーをしていた祖母が遺してくれた大量の手書きレシピだったそう。

和食のレシピ、海外のレシピ、様々なお料理…

それらを読んでいたら、ワクワクしてきて自分の手で再現したくなりました。

そこで再現してみると、そのレシピ通りだと何故か上手くいきませんでした。
その理由は、昭和時代の野菜は甘さが少なく、品種改良された現代の野菜を使うには塩や砂糖が多すぎるレシピだったのです。

0823image-4-500x500
料理は時代を映す鏡でもあるんだなぁ、なんだか面白い!
今後は、オリジナルレシピやグルメの話題などを随時アップしていただけるそう!楽しみですね!


ふくだみずほさんの詳しい記事・プロフィール



”食めぐ”では「食」が大好きで、自分が感じる”美味しさプラス”のこだわりを誰かに伝えたい方、みんなで共有したい方、こんな”食めぐメンバー”を募集しております。

資格の有・無は問いません。個人・フリーランス・店舗・企業など、どなたもご登録していただけます。

食めぐメンバー登録はこちら

0705image-465
これからも食めぐ編集部一同、たくさんの食めぐメンバーと出会えることを楽しみにしております!
 是非一緒に「食」発信をしましょう!

★食めぐ


NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を
投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。

“食めぐ”メンバー大募集!楽しい特典満載!