こんにちは!
ソフィアプロモーション食育担当の松林です。

いよいよ、夏本番がやって来ました。子どもたちも夏休み。
キャンプにBBQ、海に行ったり、花火大会に行ったり…楽しい予定を前に、体調を崩してはいませんか?夏の暑さで疲れがたまりやすくなります。健康的な毎日を過ごしたいものですね。

そして、忘れてはいけないのが食生活!
食欲減退からくる“栄養不足”も、夏バテの原因のひとつと言われています。暑さで食欲がなくなってくると、どうしても「冷やしうどん」「そうめん」等の炭水化物 に偏った食事になってしまいがち。これでは、タンパク質もビタミン・ミネラルも不足してしまいます。麺類には、タンパク質が豊富なお肉や豆腐、ビタミン・ ミネラルが摂れるきのこや野菜をプラスするのがいいですね。

栄養が十分に摂れていないと、身体が気温の変化に対応しにくくなり、熱中症のリスクも高まってしまいます。

食が細くなりがちな夏こそ、食事のバランスを意識するようにしましょう。 

とはいっても、3食夏バテ対策のお料理を作るのは大変!
また夏休みでお子様の昼食を作られる方は尚更ですよね!

こんな時こそ!
「時短」
「コスパ」

手軽に夏バテ対策をしたいですよね!
そこで今回は最強のアイテムをお伝えします!


0803imgr

梅干し!!!
言わずと知れた、そう「梅干し」です!

「日本の食材、あらゆる料理を探してもこれ以上の食材はない!」
夏バテ対策の最強食材です!                                                    

 夏バテに梅干しが効くのはなぜ?

梅干しのわずかな果肉が直接人の体を構成する骨や肉となるわけでもありませんが、梅干しの栄養成分で顕著なのが、カルシウムやカリウム、鉄分などのミネラル分の豊富さです。ほかの果実と比較しても多く、カルシウムはリンゴの4倍分、鉄は6倍分に相当します。実のサイズは小さくても、人の体で不足しがちなミネラル分を補給してくれるのです。また、梅干しに特徴的なのが、独特の酸っぱさを生み出すクエン酸やリンゴ酸、コハク酸などの有機酸です。特に優れているのがクエン酸の含有量。このクエン酸に微生物の活動を抑制する働きがあることで、梅干しを入れた食べ物が腐りにくくなるのです。さらに、クエン酸は、体内に入れば糖質の代謝をサポートしたり、食欲増進に働いたり、と大活躍。クエン酸を含む小さな梅干しは、人の健康の大きな鍵を握っている食べ物と言えるでしょう。

梅干しの効果を引き出すためには?


『加熱』

梅干しを加熱することにより、糖分とクエン酸が
結合して『ムメフラール』という新しい成分が生まれます。

このムメフラールは、加熱しないと出てこない成分で、
効果としては、『血液をサラサラにする』という効果が期待できます。
血液がドロドロの状態ですと、疲労物質が体内に溜まりやすいため、
夏バテを起こしやすくなります。

なので、梅干しを食べる際は、一度加熱してから食べてください。

0803inal
加熱方法でオススメは、『焼き』です。
梅干しを焼くことで効率よくムメフラールを作り出すことができます。

0803image(266)
今年のJA紀州・紀南の研修会でも「焼き梅」を新しい梅の食べ方として強く推奨されていました!

0803image(267)
研修会では実際に「焼き梅」の試食も!
「焼いても酸っぱい!!!」
営業本部 太田侑希(左) 新入社員 上遠野環(中) 管理栄養士 新入社員 佐野愛梨(右)
 
作り方は、簡単!
0803e1
アルミホイルを2枚用意し、クシャっとして広げます。
その中に梅干しを入れて、包みます。

そして、オーブントースターで10分~20分焼くだけ!!


おやつなら「冷凍梅干し」もオススメ!
0803a52a6ba69ef002

甘いおやつやアイスの代わりに、冷凍梅干しもオススメです!レシピといっても、材料は梅干しだけ、複雑な手順も何もありません。単に梅干しを冷凍庫に入れるだけで、作れます。梅干しにはある程度の塩分濃度があるため、冷凍庫に入れたか らといって、カチンコチンに凍る心配はありません。もちろん凍らせてあっても、ミネラル分の多い梅干しは熱中症対策にぴったり。こまめに摂りたいクエン酸補給のためにも、よい方法です。お弁当に入れれば、小さな保冷剤代わりにもなりますよ!おやつの時間に食べるなら、ほんのり甘いハチミツ漬けのものがおすすめです。

忙しいママさん必見!

夏休みのお昼は「梅おにぎり」だけで大丈夫!

08035042800015_view

朝夕飯をご家庭で栄養バランス良く食べるなら、昼の1食程度は「おにぎり」だけでも栄養は特に問題ありません!
ヘルシーに見える梅のおにぎりですが、炭水化物とクエン酸を一緒に摂取すると体にエネルギーがたまりやすくなるので、汗をかいて体力を消耗する夏にすごくおすすめです!

毎日の昼食作りから解放された分、子どもとゆっくり過ごせますね!これからますます暑くなりますが、「食」のチカラで猛暑を乗り越えましょう!


お客様1人1人の満足のために!
みんなと共に食育を広めたいスタッフも募集


~店頭の食育販促のご相談~
食育活動推進協会  03-3280-4919
(みんなに広まる食育)


管理栄養士”裕奈”のブログも読んでくださいね!