こんにちは♪
ソフィアプロモーション営業本部 食育担当の松林です!

今回は店頭でソフィアがどのような食育活動をおこなっているかをご紹介♪


「試食販売ってリアルにお客様の反応が見えるから楽しいですよね!」



 現在ソフィアでは毎月1万店舗で試食販売をおこなっております。
最近では食品メーカーをはじめ、国内・海外の生産者団体の商品を中心に、

大型店のオープンキッチンやクッキングサポートを利用して、


商品の販売促進と食育を絡めた”食育販促”をおこなう機会が増えています。


ごちぽ
(愛知県の某量販店 アメリカンポークの食育販促)


ソフィアは米国食肉輸出連合会と深く連携して、
アメリカン・ビーフ&ポークの食育販促活動を一緒におこなっています。

より多くの方々にアメリカン・ビーフ&ポークを安心して味わって頂くために、

米国のFARM to TABLE(農場から食卓まで)のプロセスの中で、

ソフィアは、

STORE FRONT to TABLE(店頭から食卓)
の役割を国内で担っております。


量販店の催事場で食育メニュー提案もおこなっているんですよ♪

サミット成城店16
(サミット成城学園店 弊社管理栄養士 深瀬)


皆さんご存知でしたか?

ごちそうポークで、「ごちポ」です!

(ごちポ君!皆さん是非覚えてね!)

ブログアメリカ2



先月は全国某量販店のアメリカフェアにも参加。

料理研究家の”行正り香”さんと弊社スタッフで協力して、アメリカン・ビーフ&ポークのメニュー試食会をおこないました!


ブログアメリカ1
(埼玉県の某量販店 アメリカフェアでの食育販促)

たくさんの方にご参加いただき大盛況でした!

弊社栄養士の坂本も、

「海外食材の食育への取組みについて興味を持っているお客様がたくさんいらっしゃいました!」

最後まで大興奮♪


BlogPaint
(弊社栄養士 坂本)


食育メニューの調理にもソフィアスタッフが参加。
調理チームも時間を追うごとに連帯感もアップし、

終了後はみんなで打ち上げ♪

またみんな会おうね!!

アメリカブログ8



さて、一部ですがソフィアの食育販促をご紹介させていただきました。


一般的な食育販促というのは、

食育レシピの配布やPOP等を設置しておくだけの販促が多いのが実情です。


ただあくまでも販促物は”特定しない全員”へ「発信」する手段。


ソフィアの食育は、


”不特定多数の方”へではなく、


「あなたにとって」

どう伝えるかがすごく大切だと考えています。



それが出来るのは、


やっぱり、



「人」ですよね!


ソフィアの食育販促は、

「食に興味を持つ人」にこだわり、
管理栄養士・栄養士・食育インストラクター、
「食」の資格を持つPRスタッフが売場でお客様と直接コミュニーケーションを取ることを一番大切にしています。

大阪の某量販店のオープンキッチンでも、
日々たくさんの新しい食育メニューを作っているんですよ♪

ブログ4
(大阪某量販店でのオープンキッチンでの食育販促)


ブログ3

今回の試食メニューは、

バゲットの中を繰り抜いて具材を詰めるだけで、オシャレな仕上がりになる「スタッフドバゲット」。おにぎらずの次にブレイクするかも?と、いま巷で話題です。

自分のオリジナル具材で様々なテイストや栄養成分が楽しめる、
新たな「食育」メニューとして注目されています。


スタッフドバケット



〜店頭の食育発信のご相談〜

食育推進事務局  03-3280-4919
(みんなに広まる食育)