Sophia Promotion Co.,Ltd.

株式会社          ソフィアプロモーション 

2020年08月

こんにちは。

保育めぐ編集部の松林です。

今回は牛乳について書きたいと思います。

牛乳といえばカルシウムを思い浮かべますが、それだけではなく「たんぱく質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミン」がバランスよく含まれています。食品としての牛乳は私たちの生命活動や健康維持に大切な役割を果たしています。

たんぱく質、脂質、炭水化物は、私たちの体をつくる基本的な3大栄養素であり、活動するためのエネルギー源などになります。

その働きを助け、さまざまな体の機能を調節しているのがミネラルとビタミン。この五つを合わせて5大栄養素といいます。たんぱく質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミンがそろって、私たちの生命活動は維持され、健康な生活を続けることができます。

私たちは毎日の食事から、5大栄養素を上手にとりいれる必要があります。牛乳は、私たちが必要とするそれらの栄養素の非常に優れた供給源になります!

最近、保育園の給食の取材に伺うと、この暑さのせいもあると思いますが、牛乳を残す子供が増えてきているなぁと感じます。

そこで、私が保育園の栄養士の先生によくオススメするレシピをご紹介させていただきます。

牛乳嫌いの園児が「おいしい~!!!」と大絶賛。家にあるもので簡単ラッシーの作り方

0827Point-Blur_20200725_222635-1024x495


材料(少し多めの2人分)

    牛乳…200ml
    プレーンヨーグルト(無糖のものなら何でも)…200g
    砂糖またはハチミツ…大さじ2(甘さは好みで調整してください)
    レモン汁(あればでOK)…小さじ2

人数や作りたい量を調整する場合、牛乳とヨーグルトは1:1の割合で増減してみてください。基本的に1人分が《牛乳100ml:ヨーグルト100g:砂糖大さじ1+αでレモン汁》と覚えておくと作りやすいですよ。

0827IMG_20200718_084457-1024x495

    ボールに全ての材料を入れて、よく混ぜ合わせる
    ※この時ハンドミキサーがあれば楽ですよ!

    混ざったらグラスに注いでできあがり!!お好みで、フルーツやジャムも一緒に混ぜ合わせると様々なフレーバーのラッシーができておいしい&楽しいですよ♪

    ラッシーは栄養満点◎

082790b9e73e2187139f077627429b6141a4

家にあるもので簡単に作れてとってもおいしいので、牛乳嫌いのお子さんはもちろんですが、牛乳が大好きな子もパパもママも!ぜひご家族みんなでお試しください。

《牛乳+ヨーグルト》なので、カルシウムやタンパク質、ビタミンB2なども摂取できて栄養バランス満点です!糖分が気になる方は砂糖をハチミツやオリゴ糖に置き換えて作るといいですよ。これからもこちらのブログでは食による健康情報をお伝えします!

    ※1歳未満のお子様に与える場合は、ハチミツはお控えください。

こんにちは。

ソフィアプロモーションです。

今回はこの暑い時期に欠かせないスポーツドリンクについて書きたいと思います。

スポーツドリンクを飲むことは水分補給になるだけでなく、汗をかいたときにカラダが失うものを補う役割があります。 人は暑いとき、汗をかくことで体温を調節します。そのためには十分な量の体液があり、濃度も一定であることが必要です。ところが汗をかいたときに真水を飲むと、喉の渇きは解消されても、体液の濃度が薄まってしまいます。

スポーツドリンクにはイオン(電解質)や糖分が含まれているので、体液の濃度を変えずに水分を補給できます。

この運動をするときには欠かせないスポーツドリンク。実はわざわざ買わなくても、家庭にあるもので手作りすることができます!

3分で手作りできるスポーツドリンク

スポーツドリンクは 実は家にある材料・道具で手軽に自作できます。作るのにかかる時間はわずか3分。ペットボトルのスポーツドリンクがなくてもすぐに飲みたいときや、作り置きに大変買おすすめです。

0820eyecatch


基本の作り方
材料(1L分)

    水:1L
    食塩:3g
    レモンの搾り汁:大さじ3(※)
    砂糖(上白糖):大さじ6(または、はちみつ大さじ4)

レシピ

    ボウルに水以外の材料を入れ、少量の水でよく溶かします。
    残りの水を全てボウルに入れ、菜箸や泡立て器でかき混ぜたら完成です。

作業はこれだけです。ボウルの代わりに空のペットボトルに材料を全て入れ、上下に振って混ぜても簡単に出来上がります。そのまま冷蔵庫で保管でき、おすすめです。 水道水のカルキ臭さが気になる場合は、天然水を使用しましょう。水道水は消毒のための残留塩素がありますが、天然水やミネラルウォーターには入っていないため、果汁の風味を邪魔しません。

0820IMG_0599

甘さ&カロリー控えめならブドウ糖を使いましょう!
材料(1L分)

    水:1L
    食塩:3g
    レモンの搾り汁:大さじ3
    ブドウ糖:大さじ2

レシピ

    水以外の材料をボウルに入れ、少量の水でよく溶かす。
    残りの水を全て入れて、全体をかき混ぜたら完成です。

甘いものが苦手な方や、カロリーを抑えたいという人は、砂糖の代わりにブドウ糖を使うのがおすすめです。砂糖は「ブドウ糖」と「果糖」という物質が合わさって作られています。果糖は糖類の中で最も甘いので、砂糖をブドウ糖に置き換えることで、スポーツドリンクの甘さを抑えることが可能です。 またブドウ糖は砂糖よりも低カロリーなのが特徴です。例えば砂糖大さじ1杯で約35kcalであるのに対し、ブドウ糖大さじ1は約25kcalになります。

糖分と塩分の割合に注意

糖分と塩分を適切なバランスで摂ることは、汗をかいて失った体液を補う上でとても大切です。カロリーが気になるからといって砂糖を減らしすぎたり、塩辛いものが好きだからといって塩を多めにしたりするのは良くありません。下の「スポーツドリンク1Lあたりの理想的な砂糖・塩」の範囲内で、アレンジを楽しみましょう。

【スポーツドリンク1Lあたりの理想的な砂糖・塩】

    砂糖:大さじ4~9(40g~80g程度)
    塩:1g~3g


注意! はちみつは1歳を過ぎてから
スポーツドリンクにはちみつを使用する際は、1歳未満の赤ちゃんには飲ませないようにしてください。赤ちゃんがはちみつを摂取することによって、乳児ボツリヌス症にかかる恐れもあります。

0820ダウンロード

運動をするときの水分補給だけでなく、熱中症の予防としてもスポーツドリンクは役立ちます。熱中症は体温が上がってもうまく放熱できなかったとき、体内の水分やイオンのバランスが崩れて起こるさまざまな健康障害を指します。スポーツ時だけでなく、高温になる場所で作業をする場合や、動かずじっとしているだけでも熱中症になる場合があります。 熱中症の症状は塩分や水分の不足により引き起こされているため、スポーツドリンクを飲んで水分・イオンを補給することは、熱中症予防につながります。

今年の猛暑を手作りスポーツドリンクで健康に過ごしましょう!

こんにちは。

ソフィアプロモーション松林です。

ランナーの皆さん、熱中症の対策は大丈夫ですか?

私もジョギングを始めて8年を迎えました。

熱中症の患者数が増えているというニュースを耳にすると心配になりますよね。そこで今回は、よく聞くけど詳しくは知らない熱中症の症状と、安全にスポーツをするための熱中症対策についてご紹介します。

熱中症になったときの処置の方法を知っておけば安心ですよね。でも一番大切なのは、熱中症にならないことです。そのために欠かせないのが水分補給。そして水分補給の方法にもポイントがあります。

08131559095622


人間の体が一度に吸収できる水分量は約200ml前後です。一回にそれを上回る量を飲んでも吸収しきれず、体の外に排出されてしまします。運動量や気温などにもよりますが、15分置きに水分を取ると熱中症に対して効果的です。水分補給は一度にとらずに、こまめに行うように心がけましょう。

補給する水分は10℃くらいのややぬるめがおすすめ。10℃が一番体に吸収されやすい温度なので、自販機で買った冷えたドリンクはすぐに飲まずに、少し常温に置いておくと良いでしょう。

ただ距離をしっかり走るには、いかに日陰を走るか、木の多い公園がオススメです。ちなみに先週私は小田急線狛江駅の多摩川の土手を走って川崎駅まで走る予定でしたが、二子玉川駅までの約6kmで足が止まって断念。。公園と土手ではおそらく気温差が5℃以上あるのではないかと、、来週からはおとなしく公園を走るようにします(笑)

0813IMG_6357
この8年で途中で走るのを諦めたのは本当に初めての出来事でした!

0813eyecatch
来週からはここの公園を走ります!

最後に私が心がけている水分補給のお話をさせていただきますね!

アルコールは水分補給になりません
 
ランニング後のビールっておいしいですよね。しかし、アルコールは利尿作用が強く水分の排泄を多くしてしまいます。

ランニング後にビールを飲むと、体が水分を欲しているにもかかわらず、水分を喪失する結果を招きます。更に、アルコールの解毒を行う肝臓では、そのために水分を必要としています。つまり、ランニング後のビールの飲酒により、身体は生理的な脱水状態になり易くなっています。多量の飲酒は危険です!
そこで、ビール等のお酒を美味しく飲んだ後は、なるべくスポーツドリンクなどの電解質を含んだ吸収の良い水分補給をするようにしましょう。

食事も立派な水分補給

 
一日に補給する水分のうち約半分は飲み物から、残りの約半分は“食事から”とるようにしましょう。
 
たとえば、味噌汁やスープなどの汁物や旬の野菜・果物などにも水分は含まれています。夏野菜(トマト・きゅうり・なすなど)や、果物(すいか・メロン・桃・梨など)は、汗をたくさんかく季節に必要な水分やミネラルが多く含まれているので、新鮮なものを選ぶようにして、食事からも水分を補給することが大切です。
 
温かい食べ物を食べよう!
 
夏に良く食べる ざるそば、冷麦などの冷たい麺は、炭水化物(≒糖質)が多く、単品で食べることが多いものばかりです。それに加えて食べることが多くなる、アイスクリームや炭酸飲料も、糖質が多い食べ物です。

日本体育協会が熱中症予防のための運動指針を発表していて、気温が35℃以上のときは運動を原則中止するように呼びかけています。真夏は気温に注意して、35℃を超えたらランニングやスポーツは控えましう、、、、

そうは言われても(笑)

せっかくランニングの習慣ができたのだから、夏の間も走りたいですよね。やはり夏は早朝ランがおすすめです。外はすでに明るいですので夜ランより安全です。まだ気温が上がらない早朝の運動は健康的で気持ちいいですよ!ランナーの皆さんこの暑い夏も頑張って一緒に乗り越えましょう!

こんにちは。

弊社は今年3月より保育園応援WEBメディア「保育めぐ」を運営。毎日多くの保育園に取材にお伺いしております。

新型コロナウイルスの感染拡大を予防するため政府が示した「新しい生活様式」ですが、子どもとの触れ合いが欠かせない保育現場はその対応に大変苦慮しています。子どもを抱っこしたり一緒に遊んだりする場面が多く、こども園や保育園からは「実践は難しい」との声が上がっています。保育士さんは保育と感染症対策の両立に悩みながら、手探りで対応に当たっている姿を日々取材で目にしております。

0806unnamed

今回政府が示した新しい生活様式は46項目に及びますが、保育現場では当てはめにくいものが非常に多くなっています。例えば、人との間隔をできるだけ2メートル、最低1メートルは空ける「身体的距離の確保」について、多くの園長先生は「保育現場で実践するのは不可能に近い」とお話しいただくことが多いです。

続きを読む

このページのトップヘ