Sophia Promotion Co.,Ltd.

株式会社          ソフィアプロモーション 

ソフィアブログ:株式会社ソフィアプロモーション〜販売促進を行なう会社のブログです

こんにちは。
ソフィアプロモーションです。

今回のブログは2017年7月より自社運営している
”お仕事求人サイト”LOVE試食販売”のお話です。

全国の試食・試飲販売の求人サイト
【LOVE試食販売】

love

開設より日本最大級の試食販売求人サイトとして、たくさんのスタッフさんにご利用いただいております。

精肉・青果・鮮魚といった生鮮系の試食販売の情報が多いのが特徴です。

「お料理が好きな方」

「主夫業が長く仕事のブランクが長い方」

「食育に興味がある方」
にピッタリの求人情報を多数掲載しております。

開設以来、300万PV以上ご利用いただいている求人サイトです!

1213love_slide1.png


こちらのLOVE試食販売が来年以降さらにバージョンアップします

★お仕事をもっと探しやすく!
これまでの検索機能に加えて、自分の好みに合わせたマイ検索機能を充実!

★「食」のコンテンツを充実!
お仕事の求人情報だけでなく、読み物サイトとして「食」に関わるコンテンツページを作ります!

★お仕事をもっと楽しもう!
試食販売のコツ・ベテランスタッフの現場レビューなどを掲載します。

★みんなのLOVE試食販売!
日本最大級の試食販売求人サイトとして、まだソフィアプロモーションに登録していない方でもご利用できるようになります。食に興味がある方、お料理を作って食べてもらうことが好きな方など、皆さんにとってさらに身近なサイトに生まれ変わります!

1213love_slide2

試食販売は「美味しさ」「お買い得」の情報を伝えるだけではなく、食の知識を通してお客様の健康(セルフメディケーション)に繋げることも出来ます。ソフィアプロモーションではこれからも1人でも多くの方に試食販売の楽しさ・やりがいを伝えていきたいと思います。

これからもLOVE試食販売をよろしくお願いします!
 

180703_Sophia_349

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を

投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。  






こんにちは。
大阪支店 栄養士古家です。

寒くなったようでまだ暖かい日もあったりして、体調を崩しやすくなる季節の変わり目ですね。

皆さんは体調管理のための食事はどういったところに気を使っていますか?

先日ライフ近畿圏の本部店舗であるセントラルスクエア西宮原店様で初の食育プロモーションを行いました!ライフ様は近畿だとおよそ150店舗もある大きなチェーンです。

C5KnczIVUAEwCYO


まず、なぜ私がライフでこのような食育プロモーションをしたいと思ったか。

セントラルスクエア西宮原店様の小場店長が異動されてきた時の、あの一言があったからです。

他の店舗様から移動されてきた際、ご挨拶に伺い「本部店舗の店長になられて変わったことや、大変なことはありますか?他の大型店と違ってどうですか?」と聞きました。そこで小場店長が仰ったのが「やっぱり本部店舗だからこそ、他とは違った事がしたい。西宮原店に来たいと思ってくださるお客さんを増やしてお店を活性化させたい。」と。

この言葉が私の中にずっとありました。

そして、きっかけは私が普段から大切にしている店舗巡回から生まれました!

ライフ南津守店様を巡回した際、店長様が元々畜産バイヤーの部長をされていたことから、現在牛肉を担当をされている成川バイヤーをご紹介していただきました。豪州食肉 家畜生産者事業団上條様とはこれまでソフィアと一緒に様々な量販での食育プロモーションをさせていただいており、今回ソフィアがコーディネートすることで西宮原店様の食育プロモーションが実現しました。

1206修正ライフ様ポスター-2
成川バイヤー様、小場店長様、店舗畜産中井チーフ様、販売促進課葛西様、豪州食肉 家畜生産者事業団上條様、中日本フード松井様など、大変多くの方にご協力していただきました。


今回の実施内容は美味しいステーキの焼き方教室です。

「皆さんはご自宅でステーキを焼くとき、上手く焼けていますか?」

よくお客様からいただく声が「硬い、焼きすぎてパサパサしてしまう」などの声。また外国産のお肉に対してのイメージも「国産と違って安全性が心配、硬くて食べにくそう」などの声を多く聞きます。せっかくのおいしいお肉、そんなイメージを持たれているのはもったいないですよね。

image-866

今回は皆さんと一緒に調理をするのが難しかったため、実際に目の前で焼きながら講義形式で開催をしました。

ライフ様のプライベートブランドであるワイアラ牧場牛は、オージービーフ。

「厚切り 厚さ2.5cm」もライフのワイアラ牧場牛のこだわりのひとつです。

image-867

最近では多くのお店で見かける厚切りステーキですが「あれ、これってそんなに厚切りじゃないよね?」と思うこともあるのでは?多くのお店では厚さではなく重さで判断するようで、厚みのないものも多いのだとか。そこでライフ様は厚さ2.5cmにこだわり、お肉の旨味や食べ応えも十分に感じていただくことができます。

1206image-861

オージービーフは世界で最も厳しい管理体制で生産されていると言われています。またオージービーフには鉄分、特に体に吸収されやすいヘム鉄がたっぷり含まれています。鉄分は貧血予防だけでなく疲労回復や肌荒れ、枝毛や抜け毛の予防にも効果があると言われています。ですので女性だけでなく育ち盛りのお子様、働き盛りの男性、高齢の方にもぜひ摂っていただきたい栄養素です。

参加してくださったお客様からは、

「安心・安全だということがよくわかったので今後は買いたい」
「硬いと思っていたけどパサついていることも無く美味しい」
「栄養素がそんなにあることを知らなかった」など、

「来てよかった」と言ってくださる声が多くありました。

お客様が喜んでくださる
  ↓
またライフに来たいと思える
  ↓
またオージービーフを買って食べようと思う
  ↓
お店様やメーカーが盛り上がる


これからもこのような活動を通して、お店様とメーカー様の両方を盛り上げていきたいです。

1206image-864


最後に!

私がこの教室の中で一つお話しさせていただいたこと。

「あー、今日はお肉が食べたい気分だなあ」
「甘いものが食べたい気分」
「酸っぱいものが欲しい気分」
などふと感じることはありませんか?

実はこれ、身体からの大事なサインのひとつ!

実際に身体がタンパク質不足だったり、脳の糖分が不足していたり、疲れてクエン酸を欲していたりするんです。何でもかんでも好きなものを自由に食べてしまうのはよくないですが、こうした身体からのサインにはしっかり応えてあげましょう。そうすることで身体だけでなく心の健康維持にも繋がります。

季節の変わり目の体調管理、身体はもちろん自分の心も健康維持できるように見直してみるのも良いかもしれませんね!これからも自分の食の知識を通して、たくさんの方のセルフメディケーションに繋げていきたいと思います!


180703_Sophia_349

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を

投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。 

こんにちは!
ソフィアプロモーションです。

先週、食めぐ編集長が書いた東京農業大学 国際食料情報学部 国際食農科学科の記事はお読みいただきましたか?

まだの方は是非こちらから読んでくださいね!


国際食農科学科では、農業の生産から加工、流通、マーケティング、販売、消費までの一連の流れ(フードシステム)を軸に全農を学び、食農プロデューサーの人材育成に力を入れています。

〜「農学」の基礎・技術・演習・実践の全てを学べる場所〜


来年以降、ソフィアプロモーションでは、こちらの国際食料情報学部 国際食農科学科と一緒に連携して活動をおこなう予定です。全農教育において、ソフィアの強みを活かした学びの場を提供していきたいと考えております。

★販売・消費を「学びの場」へ

1129image-837

生産者が思いを込め育てた「食材」の素晴らしさ。

メーカーが情熱と熱意で作り上げた「食品」の美味しさ。

ソフィアプロモーションでは『 試 食 』を通じて、食べてみなければ分からない「食感、風味、コク、味わい」を五感に、生産者やメーカーが「商品に託した思い」を消費者に届けております。さらにプロモーションを通じて、生活者のセルフメディケーションに繋がる食・健康情報を発信しております。


1129image-839
「健康づくり3大要素」とは、栄養バランス・適度な休養・適度な運動が健康づくりには欠かせないという考え方。


”食べた物で身体は作られる”

一次予防には、正しい食の知識を持ち、フード・リテラシーを高めることが何より大切です。

これら食育の最前線の場所で、学生の皆さんが農学の知識を活用しながら、消費者のニーズを肌で感じてもらえる場所を作っていきます。


★企業のマーケティングプロジェクト!

1129image-843

ソフィアの取引先は食品メーカー・生産者団体を中心に800社にのぼります。
これら企業の販売戦略・マーケティングに実習として参加出来るプログラムを用意したいと考えております。早くも今から興味を持ってもらっているメーカーさんもいらっしゃいます。

1129image-841
どんな商品パッケージやPOPが興味を持ってもらえるか?


1129image-844
牡蠣の日にはどんなプロモーションが効果的だろう?


★体験型食育プロモーションの講師をやってみよう!


近年では新しいインストアプロモーションとして、試食販売より規模の大きい食育プロモーションを弊社で開催することが増えております。

1129image-840
食育プロモーションは、「味」を試す場だけでなく、「食」の知識を得る場に変えていく新しい試みとして業界で大変注目されているプロモーションです。これらのプロモーションに「農」の分野を取り入れ、弊社管理栄養士・栄養士・食育インストラクターと一緒に講師としてプロモーションに参加してもらいたいと考えております。

1127111417665
今後もソフィアプロモーションでは、リアルの現場を持つ強みを活かしながら、東京農業大学へ様々な「学び」を提供していきます!


180703_Sophia_349

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を

投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。 

こんにちは!食めぐ編集長の松林です。

今回は東京農業大学で欲張りな学科をご紹介します(笑)
 

1127111417665


東京農業大学は7学部25学科!
「生命、食料、環境、健康、エネルギー、地域創成」を専門に、分析・研究の視点で学ぶ学科が多いのが特徴です。
 

昨年2017年4月に多様化する農学に対応出来る学生を育てるため新しい学科が設立されました。


その名は

国際食料情報学部 国際食農科学科です。


食農教育とは、農業の生産から加工、流通、消費までの一連の流れ(フードシステム)を軸にした教育のこと。


今回は東京農業大学 国際食料情報学部 国際食農科学科 上岡教授に取材させていただきました。
 



「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録されたことで、

世界からも脚光を浴びている日本の食文化。

食文化を支えている日本の農業にも、注目が集まっています。

日本においても、伝統的な食農文化が見直されています。食農文化の継承や発展を担い、国内外へ向けて発信できる人材の育成が急務の課題となってきました。これまでありそうでなかった、生産から加工、マーケティング、販売、消費までのプロセスを一貫体制で農学を学べる学科です。

国際食農科学科の学び

1.2年生では農業生産技術、食品の加工・商品開発技術、販売・マーケティング、食農文化・食育の基礎を学び、その中から興味のある分野を選んで3年生からは研究室で研究を深めていきます。

欲張りな学科だけに忙しさも農大トップクラスです!

座学に加えて実習もたくさん用意されています!

〜食農専門実習〜

伊勢原農場で開花から収穫まで季節変化に応じた一連の栽培管理を習得し、実際に農場で収穫した農産物の調理と加工に関する知識と技術も学びます。
 

〜全農ファームステイ〜


日本各地にある様々な農家のうち1戸の農家で研修する実習科目です。1.2年生の農場実習で学んだことが実際の農業の現場でどう活かせるのか、実態はどうなっているのか、講義や演習で学んだ視点で農家や農村がどのように見えるのか、まずは農家で体験することになります。この現場での体験を踏まえつつ、各人が探求したい領域を見つけながら3年次からの研究室の選択を考えていきます。

消費者の心をつかむストーリーも学ぶ!

農学や食品科学といった自然科学に加えて、経営学や経済学などの社会科学、地域の文化や歴史といった人文科学を統合し、多角的に学びます。

「経営学・経済学は消費において大切な分野というのは分かりますが、歴史や文化は何のために学ぶのでしょう?」

最近、農作物や地元の特産品を使って新たな食品を開発する動きが活発になってきました。ただこの特産品が有名だから商品化しますでは上手くいかないこともある。なぜその特産品がその地で作られ、食べられてきたのか、どんな由来があるのかいった、消費者の心をつかむストーリーを学ぶことが必要なんです。



実際の商品開発の演習を見てみましょう!



11264c370cb4d3da1ed49ab8b0ffa2eaeec4

こちらは今年の収穫祭(学園祭)で取り組んだ演習です。自分で育てた農作物を加工して、マーケティングのストーリーを考え、パッケージもデザインして収穫祭で販売をおこないました。


  みなさんはどのパッケージなら手に取りたくなりますか?


1126a9b724d7c0abdf6198f655296af80d72

1126c73dbd46436e33a38c2a05d18f83d2cc


  実際に採用されたパッケージはジャムは②、味噌は③でした!

 


上岡教授の食農教育研究室の充実さに感動!


11261114mage-775


食農マネジメントを実践できる人材育成に力を入れています。

生産者のものづくりにかける思いと、都市に暮らす消費者が食や農に求めていること。その両方を聞き取り、両者に伝えることで、消費者は自分たちが欲しいと思う農産物を手にできるようになるし、農業・農村も活性化していきます。

そのため研究室では自分が興味のある分野をとことん自分の足で掘り下げます。


1127noudai20170721_b13ad0


たとえば、有機農作物に興味があるなら、生産者を訪ねて農産技術を学び収穫にも立ち会う、そして販売店・マルシェにも何度も足を運び、お店の方・消費者の意見も収集する。生産者の想いと消費者のニーズがうまくマッチングしているのか、コミュニケーションを重ねながら、机上の勉強ではなく、体験を通して検証を重ねていきます。


学びを通して、人と人を繋げる食農プロデューサーを目指す大変面白い研究室です。


最後に!

国際食農学科の食育講義にも参加させていただきました。


当日講師を担当されたのは、食めぐでもおなじみ🎵
農林水産省 関東農政局 地域食品課 課長鶴岡様


多方面の業界からの外部講師の講義は必須科目!
国際食農学科の食育の力の入れ方が伝わってきますね。


第3次食育推進基本計画の重点課題に添いつつも、学生が興味を持てるよう「食を楽しむ!」を伝えながら講義。食品ロスを食育の知識で、皮の厚むきの過剰除去を減らす、その他地産地消・食料自給率向上への取り組みなど、学生の立場で実践できることを分かりやすく実例を挙げながら説明してくださいました。


後半戦では120人の生徒がグループに分かれて各自の地元の特産品を出し合い、お弁当の企画をするグループワークをおこないました!「地元の特産品が何か?」「栄養バランスの組み合わせはどうだろう」、そして価格、どの場所で販売するかまで考える、楽しみながら食育を学べる大変有意義なグループワークでした。


講義終了後に1人の学生さんが、「自分も食育活動をやってみたい!何から始めれば良いですか」と鶴岡さんに直接質問されていたのが印象的でした。

今回は上岡教授、東京農大の皆様のおかげで「農」「学」を大変身近に感じることができました。2日間に渡り、取材させていただきありがとうございました。


11271114image-776



後記

私が学生時代に戻れるなら、本気で国際食農科学科に通ってみたい!

「農学」の基礎・技術・演習・実践の全てを学べる場所は、私の知る限り、東京農業大学 国際食料情報学部 国際食農科学科しかないと思います。今この選択肢を選べる高校生がすごくうらやましいです!きっと将来は卒業生の中に、「食」から社会を変える人材がでたくさん出てきそうですね!そういった方とお会いできるのを今からすごく楽しみにしております。


180703_Sophia_349

★食めぐはこちらから

NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を
投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです。




  


こんにちは!
ソフィアプロモーション人事担当の真下です。

先日、2019年新卒入社の内定式を行ないました。
その様子をご紹介いたします。

来春には4名の頼もしい仲間が新たに加わることになりました!

11151-2


今年度も全国各地でセミナーと選考を実施
数多くの学生さんとお会いしてきました。

2019年の新卒内定者も昨年同様、全員が管理栄養士・栄養士を目指しています☆

11152


全員集合したのはこの日が初めて

やっぱり最初は緊張もありましたが、あっという間に話が盛り上がっていました!


11153-2


ここで、内定者のご紹介♪♪


伊藤美有さん
東海学園大学 健康栄養学部 管理栄養学科 管理栄養士取得予定

11154-2


週2~3のランニングが趣味で、名古屋での市民マラソン大会への参加経験もあります。その時は10kmを完走し、次はハーフマラソンへチェレンジ予定です。最近はコンビニスイーツの新商品をチェックすることにハマっています。実際には買わないのですが、見て満足しています。

食べることが大好き!
生まれてからずっと三重でしか生活したことがないので、社会人になったら、新たな地で食文化の違いや、食べる習慣のなかったモノなどいろいろな発見をしていきたいです。

また、入社したら色々なメーカーの方々と出会い、どんどん食の発信をしていきたいです。憧れていたソフィアプロモーションに入社できることを嬉しく思います。4月から一緒に働けることを楽しみにしています。

早川優花さん
名古屋学芸大学管理栄養学部管理栄養学科 管理栄養士取得予定

11155-2

昔から食が好きで、今は農業サークルで部長を務めています。畑作業など普段からやっています。「育てる~調理する~食べる」全てに興味があります。大学で学んだことを活かしながら人と関われる会社を探していて、ソフィアプロモーションに出会いました。

栄養教諭の免許を取得予定で、人に教える・伝えることも好きなので、たくさんのソフィアのスタッフさんに食の大切さを伝えていきたいです。入社したい!と思っていた会社から内定をいただけて4月がすごく楽しみです。立ち直りの早さが私のウリなので、精一杯頑張っていきたいと思います。

福田麻衣さん
愛知江南短期大学 こども健康学科 栄養専攻 栄養士取得予定

11156-2

大学祭では実行委員を務めたり、人前に立つことや、人前で話すことが好きです。人と関わる仕事に就きたくて、クラスメートのほとんどが大量調理系や地元での就職の道を選ぶ中、新しい場所で、これまでの栄養士とは違う道を歩みたいと就活をしていてソフィアプロモーションに出会いました。

最初のセミナーの時から「ここに絶対入りたい!」と感じていて、第一志望だったソフィアプロモーションから内定をいただけて本当に本当に嬉しいです。私は子供に向けた食育活動や情報発信の分野に興味があります。今学んでいることもソフィアで活かしていきたいです!

内定式いつかな〜、同期はどんな人かな〜と今日までワクワクしていました。持ち前の明るさとパワーで頑張っていきたいと思います!

山田裕理奈さん
関東学院大学栄養学部管理栄養学科 管理栄養士取得予定

11157-2

体を動かすことが好きで、小学校1年生からテニスを続けています。高校の頃は、テニス強豪校だったので、体育会系の中で毎日真っ黒になりながら部活をしていました。そのテニスで培った根性とフットワークの良さが自分の武器です。今は、飲食店とスポーツジムでアルバイトしていまして、そこで接客の楽しさを知りました。

多くの人と関わっていきながら、食の知識を自分の口で発信したいと思い就職活動をしている中で見つけたのが、ソフィアプロモーションでした。運動と健康を絡めた食の発信に興味があります。また、海外の方向けの料理教室だったり、食文化の発信という分野にも興味があります。

自分だから出来ることをソフィアプロモーションで実現していきたいです

内定式では弊社役員全員から内定者に向けた温かなメッセージもいただきました。

11158-2


11159-2

一生懸命ノートを書き取っていきます
入社後に見返すと、その意味合いがもっと深く感じられると思うよ♪

111510-2
真面目なだけではなく、時には笑いも交えながら☆
(後ろの男性は私です)

内定式も滞りなく終了!!

緊張が解けた内定者と人事(私)なのでした笑

内定式の後は、交流を深めるための懇親会を開催!

食べることが大好き!人と話すことが大好きなメンバーの集まりなので、懇親会は大いに盛り上がりました♪

111511-2
専務取締役の添田(左)、内定者の山田さん(中)、営業本部課長の押野(右)

111512-2
執行役員の加藤(左)と内定者の伊藤さん(右)

111513-2
こちらは同期同士  早川さん(左)福田さん(右)


まだまだお伝えしたいのですが、今日はここまで!


今年度も多くの学生さんとお会いした中で、最終的に相思相愛で繋がった4名の内定者たち

今回こうして集まれたこと、巡り会えたことを人事担当として非常に嬉しく思います!

111514-2
2018年入社 管理栄養士の石垣(左)と内定者たち

入社まであと5ヶ月!
残りの学生生活を謳歌しながら、それぞれ成長した姿で来年の4月から一緒に頑張っていきましょう!

周りを巻き込んで、みんなで食の発信をおこなっていきましょう!


★食めぐ


NPO日本食育インストラクター協会との
共同Webサイト“食めぐ”がスタートしました。
食めぐは“美味しさプラス”のこだわり(食育活動)を
投稿・共有する「食育」コミュニケーションサイトです

“食めぐ”メンバー大募集!楽しい特典満載!  

  

このページのトップヘ